~こだわる男の男性化粧水ガイド~

メンズ化粧水おすすめ24選~【肌悩み別】化粧水比較
人気おすすめメンズ化粧水22選 » オールインワンタイプのメンズ化粧水を大解説!

オールインワンタイプのメンズ化粧水を大解説!

化粧水だけでなく美容液や乳液といった複数の機能を持ち合わせているオールインワン化粧水について、特徴やメリット・デメリット、使い方などを詳しく紹介していきます。

オールインワン化粧水とは

基礎化粧品のすべてが一つになった化粧品のことをオールインワン化粧水といいます。メンズ用のオールインワン化粧水は化粧水・美容液・乳液・クリームが一つに集約され、化粧水となっているものが一般的です。

通常、肌のお手入れには化粧水→美容液→乳液→クリームと順番に重ねづけをする必要がありますが、全ての効果をオールインワン化粧水1本にまとめることで、その手間が省けます。

オールインワン化粧水に集約されている効果は次の通りです。

1.化粧水…水分と保湿成分を補い、肌の水分量を正常にします。

2.美容液…保湿成分や美白成分などが濃縮されていて、肌に栄養を与えます。

3.乳液・クリーム…肌に浸透した水分や栄養を逃がさないよう、乳液やクリームの油分でフタをします。

化粧水とその他化粧品の効果は何が違う?

オールインワン化粧水の特徴は、化粧水や乳液、美容クリームといった、複数のスキンケア商品の機能を持ち合わせていること。しかし、普段ケアを行なっていない男性からすると、「そもそも化粧水と美容液って何が違うの?」と疑問に思うことも多いでしょう。

化粧水とその他のスキンケア商品について、特徴や効果の違いをまとめました。

化粧水と美容液って何が違うの?

化粧水も美容液も、大きくは肌に栄養と潤いを与える効果をもつ商品です。ただ、化粧水は呼び水のようにスキンケアの浸透力を高める効果があり、美容液は肌内部の水分が失われないように保湿する効果がある、という違いがあります。

併せて使用することで効果が増大するのが魅力。使用時のポイントや使用に最適な肌質にもそれぞれ違いがあるのでチェックしてみてください。

メンズ用化粧水と美容液の違いについて解説

化粧水と乳液って何が違うの?

化粧水の役割は皮膚表面の角質に潤いを届け、肌の調子を整えること。一方、乳液は化粧水で補った水分を逃がさないように肌にフタをする役割を持ち、少し違いがあります。

そのため、化粧水の後に乳液を使うのが一般的。使用感も違うので、肌質によってどちらを念入りに使用すべきかが変わります。

メンズ用化粧水と乳液の違いについて解説

化粧水とクリームって何が違うの?

角質に水分を届けて肌の調子を整える化粧水に対し、美容クリームは肌をオイルの膜で包み皮膚を柔らかくする機能を持ちます。乳液と同じような役割がありますが、クリームのほうが油分が多め。より高い保湿力を持ちます。

メンズ用化粧水と保湿クリームの違いについて解説

オールインワン化粧水のメリット

お金をかけずにきちんとしたスキンケアができる

有名ブランドではなくても化粧水~クリームまですべてのアイテムを揃えると、結構なお金がかかってしまうもの。しかしオールインワン化粧水を利用することで、かなりの節約が可能です。たいていの商品がリーズナブルな価格で購入できます。お財布に負担なくケアを続けられるのも大きなメリットといえるでしょう。

1本でトータルスキンケアと同様の効果がある

普段からスキンケアを熱心に行っている男性でも、化粧水や乳液のみで済ませている方が多いのではないでしょうか。オールインワン化粧水ならば美容液やクリームの成分が含まれているので、一度の手間でトータルスキンケアと同じくらいの効果を肌にもたらすことができます。

スキンケアの時間が短くなる

1回の使用で全部の工程が完了するため、スキンケアにかける時間が短縮できます。忙しい朝やスキンケアが面倒なときにピッタリな化粧品といえるでしょう。

つける回数が少なく肌への刺激が少ない

スキンケア時の肌のこすり過ぎを抑えられます。化粧品の塗り重ねは何回も摩擦を繰り返すことになり、肌の負担に。1ステップですべて済むオールインワン化粧水は肌への負担を軽減でき、基礎化粧品として最適です。

オールインワン化粧水のデメリット

1つひとつの成分の効果が控えめになる

化粧水や乳液、美容液など、さまざまな役割を果たすオールインワン化粧水ですが、たくさんの成分を配合するため1つひとつの配合量は少なめ。美白成分の配合されたオールインワン化粧水よりも、単体の美白化粧水のほうが成分量が多く、効果が高いケースがほとんどです。

肌の調子に合わせたケアは難しい

本来、正しいケアを行なうには、季節や体調による肌の変化に合わせたケア方法の調整が必要です。しかし、オールインワン化粧水ではそれが難しくなります。

汗でベタつきやすい夏はさっぱりした化粧水を使う、乾燥がヒドイときは保湿効果の高いクリームをたっぷり塗る、といったケアはその都度アイテムをプラスしていく必要があるでしょう。

ベタベタしやすい

オールインワン化粧水は、少量でもしっかり保湿できるようになっている商品が多いため、つけすぎるとベタつきやすい性質があります。使用する量の調整は、慣れるまで難しいかもしれません。塗った後に手で押し込んで浸透させると少し軽減されます。

オールインワン化粧水の使い方・注意点

洗顔後の30秒以内に

オールインワン化粧水を使用するのは、基本的に洗顔の後。できれば30秒以内が理想です。皮脂や汚れを取り除いた清潔な肌に使用することで、肌の奥まで成分がしっかり浸透。

洗顔後の肌は、洗浄成分によって皮脂が無理矢理引きはがされたデリケートな状態なので、できるだけ早く潤いを補給してあげることで高い効果を発揮します。

適量を守って使う

メーカーが推奨する適量を守って使用するように注意しましょう。ラベルに書かれていることがほとんどなので、使用前に確認してください。

目安としては、だいたい100円玉~500円玉1つ分の大きさ。少なすぎると十分な保湿ができず、多すぎると肌に馴染まずベタベタしてしまいます。適量を使用することで、効果が最大限に引き出されるでしょう。

清潔な手でつける

化粧水をつけるときは、必ず清潔な手で行なうようにしてください。汚い手でケアした結果、雑菌が肌にダメージを与え、肌荒れを引き起こしてしまうことも。きれいなつもりでも、手には目に見えない菌がたくさんついています。スキンケア前は、念入りに手洗いを行なうようにしましょう。

肌に馴染ませるようにする

オールインワン化粧水はまず肌全体に馴染ませ、おでこのテカリや頬の乾燥など、気になる部分を手のひらでプレスしていく使い方が効果的です。こうすることで、美容成分や保湿成分が肌に浸透しやすくなります。肌を叩いたり、ゴシゴシと塗り付けたりする行為は肌を傷めるため、避けるようにしてください。

オールインワンのメンズ化粧水の選び方

自分の目的や悩みに合った化粧品を選ぶ

肌のカサつきを治したいなら「セラミド」や「ヒアルロン酸」、シワ・たるみ予防なら「プラセンタ」や「コラーゲン」が多く配合されているものがおすすめです。商品によって含まれている成分が違うため、公式サイトや通販サイト、ボトル・外箱の裏側できちんと確認するようにしましょう。

成分表示欄の上から順に配合量も多くなっているので、目当ての成分が上のほうに表記されているものを選ぶのがおすすめです。

コスパの良いものを選ぶ

コスパの良いものを選ぶことで、長く使い続けることができます。化粧品の効果を引き出すためには、継続した使用が重要。効果を実感するには、1~3ヵ月程度は使い続けるといいでしょう。

買い続けると負担になるものは避けて、手の届く範囲のオールインワン化粧水を選ぶことが大切です。

ただし、単に価格の安さだけで選ぶと、効果もチープになってしまう可能性があります。それを防ぐには、自分の悩みに応える成分がしっかり含まれていて、使い勝手の良いものが◎。安価で高機能という点を選ぶ基準にするといいでしょう。

値段が安いだけでなく、効果にも優れるコスパのいいメンズオールインワン化粧水を紹介します。

安くてコスパの良い
おすすめメンズオールインワン化粧水を紹介!

保湿力が高いものを選ぶ

男性の肌の悩みで多いのが肌のテカりや乾燥です。肌が乾燥して水分量が足りないとバリア機能が低下して、紫外線や雑菌といった肌トラブルの原因から肌を守れなくなります。肌の水分量を正常化するには保湿が重要です。

迷ったら、オールイワン化粧水から始めるのがおすすめ!

「肌の乾燥やテカリは気になっているものの、どうやってケアすればいいのかわからない」という男性には、まずオールインワン化粧水の使用をおすすめします。

洗顔後、1回のスキンケアで完結するため簡単。たくさんの商品を買い揃える必要もないため、手間や面倒がありません。

スキンケアは毎日コツコツと続けることが大事なので、手軽に利用できるのは大きな魅力。ケアを続けることで、乾燥やテカリ、しみ、ニキビといったあらゆる肌の悩みを解消できます。

効果別に選ぶおすすめメンズ化粧水3選

保湿力の高さで選ぶなら

&GINO プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス

プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス 公式HPをチェック

匂いケアで選ぶなら

クワトロボタニコ

クワトロボタニコ公式サイトの画像 公式HPはこちら

シミ消し対策で選ぶなら

メンズケシミン

メンズケシミン公式サイトの画像 公式HPはこちら
大人限定!メンズ化粧水 AtoZ ~こだわる男の男性化粧水ガイド